アルミナセラミックス基板

独自の生産システムから生まれる厚膜印刷用アルミナ基板

近年、進化の速度を速めるエレクトロニクス業界で、今では指先に乗るほどの小さなチップ部品の開発が情報化社会を進化させています。その中でもチップ抵抗器は、電子回路を構成するのに欠かせない基本電子部品です。当社のチップ抵抗器用セラミックは、電気的・熱的に優れた高純度アルミナ原材料を使用し、高度な加工技術により優れた寸法精度と分割性を実現しております。その他のアルミナセラミックス製品におきましても、用途に応じた高純度アルミナ原料を使用し、安定した品質と優れた特性を維持しつつ、厳しいチェック体制のもと生産を行っております。

汎用アルミナ基板 KA6シリーズ

世間一般的に広く認知されている「アルミナセラミックス」は、当社品名【KA6シリーズ】に該当します(KA6、KA62、KA6-470。アルミナ純度=96%~97%)。ラインナップより、用途に応じたものをお選びいただけます。

KA6(純度96%)

金型(プレス)基板

汎用アルミナ基板の一般的な特徴

  • 数多くあるセラミックスの中で各種特性が平均的
  • 他のセラミックスに比べ安価に製造可能
  • 世の中で幅広く使用されている為、各分野での使用実績および知見が比較的豊富

当社製品独自の特徴

  • 厚みや寸法などを高い精度で製造可能(KA6)
  • 高精度のスルーホール成形、分割溝(スリット、スナップ)成形が可能(KA6)
  • 他のセラミックス原料より比較的安価に製造可能
  • 厚みラインナップが豊富なため、試作から量産まで一貫した相談が可能(KA6シリーズ)
  • 費用対効果を考慮した「高反射セラミックス」のご提案(KA62、KA6-470)
  • 気孔率が高い多孔質用途にも対応(KA62)

高純度アルミナ基板 KA9シリーズ

アルミナ基板には、2種類あり、1つは緻密体(吸水率ゼロ、気効率ゼロ)で、汎用の、電子回路を製造する時に、必要なベース基板として採用されております。

もう1つは多孔質です。多孔質セラミックスとは、内部に無数の気孔(ポーラス)があるセラミックスです。ポーラスがあることで熱伝導率が低くなり、また軽量な素材になります。さらに通気度が上がり、例えば中の成分を焼き飛ばて焼結したいなどの要求がある場合に有用です。脱媒や吸着にも適しております。

 

KA9

多孔質セラミック基板(SEM写真)

アルミナセラミックス基板の各種データ

規格一覧

標準特性

PAGE TOP
Translate »